2006年12月10日

韓国でホテルを予約する際の注意点

韓国でホテルを予約する際注意する点はまず宿泊料金です。
サービスが良く、交通の便がいい場所はホテルの料金も当然高めに設定されています。特に韓国語を習得した旅行者が個人でホテルを予約する場合(国内旅行でもありがちですが)、よく比べないとツアー料金などよりもかなり損をする場合があります。
韓国旅行が初めてで韓国語をまったく知らない人にはツアーで中心地にある、少しグレードの高いホテルがおススメです。
次にホテルのランクです。
一流ホテルほどでなくて、金額もリースナブル、地理的にも便利なホテルは多数あります。しかし住所が中心地に似ていても、地下鉄に乗らなければいけなかったり、タクシーで混雑するルートを通らなければいけなかったり、と落とし穴は結構あるので、ホテル周辺の下調べは必要です。

最後に安いホテルです。韓国旅行に慣れた人と一緒に行くからといって、あまりにも安いホテルを予約してしまうと、日本からの旅行者には設備や衛生面で厳しい場合もあるので慎重にならなければなりません。
posted by ホテル at 19:06 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

韓国のホテル 一般的なサービス

韓国の特に大きなホテルではタクシーの送迎、荷物の発送まで細かいサービスをうけられます。(忘れ物も丁寧に梱包して無料で日本に送ってくれるホテルもあります。)
大都市のホテルには日本語を話せるスタッフが多く、タクシー運転手も日本語を話せる人が増えています。韓国に旅行に行った際、韓国語を話せなくても、ホテルの中ではほとんど不便を感じないで過ごすことができます。
ホテル周辺の飲食店などはメニューに日本語の訳をつけているところが多くあります。ソウル市内は観光スポットとホテルの距離が近いところが多いので、韓国旅行初心者もホテルのスタッフと相談しながら観光コースを決めることができます。
posted by ホテル at 19:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

韓国のホテルならではのオンドル

韓国のホテルにはオンドルが完備されているホテルがあります。
オンドルとは韓国の特有の室内暖房(床暖房)で、熱の伝導、放射、対流を利用して効率よく部屋を暖める暖房法のことです。
床下に石を用いて煙のトンネルをつくり、その上に薄い板石をのせ、泥を塗り、さらに特殊な油紙を張って床とします。寒さの厳しい韓国に古くから根ざしている方式です。外や台所にある焚き口で火をたくと、その煙がトンネルを通って部屋の反対側の煙突から出るあいだに、床下から部屋全体を暖める仕組みになっています。

そのためオンドルの完備されているホテルは冬でも部屋が暖かくポカポカです。このオンドル部屋はヨ(敷き布団)とイブル(掛け布団)、そしてペゲェ(枕)で韓国ならではの宿泊を楽しむことができます。料金は、ホテルによって異なりますが、基本的には通常1室2名でのご利用が一般的で、3名で利用の場合は追加の布団代がかかるのが一般的です。
posted by ホテル at 19:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

韓国・ソウルの有名ホテル

ソウルの人気有名ホテルは主に、明洞(ミョンドン)、光化門(クァンファムン)、 東大門(トンデムン)、 南大門(ナンデムン)、 仁寺洞(インサドン)、 鐘路(チョンロ)、 乙支路(ウルチロ)、 忠武路(チュンムロ)、新村(シンチョン)、 梨大(イデ)、 弘大(ホンデ)、 梨泰院(イテウォン)、 汝矣島(ヨイド)、 江南(カンナム)、 清潭洞(チョンダンドン)、 狎鴎亭(アックジョン)、 三成洞(サンソンドン)、蚕室(チャムシル) などに多くあります。
中でも一流ホテルといわれるのは、明洞のロッテホテル、江南のインターコンチネンタルホテル、パークハイアットソウル、リッツカールトン、ルネッサンスホテルなどで、このホテルではみなサービスも充実していて、交通の便もよく高い人気を誇っています。
posted by ホテル at 19:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

韓国の人気観光スポットとホテル

韓国の人気観光スポットといえば、ソウル、釜山、済州島です。
特にソウルは観光、エステ、ショッピング、グルメなどありとあらゆる事を楽しめる場所がたくさんあります。
そのため面積は決して大きくないソウル市内に大小様々なホテルが密集しています。
posted by ホテル at 19:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。